なぜ店でやってくれないのか!インドネシアのズボンの裾直し

インドネシアの裾直し職人の画像

仕方なくロールアップで着たり
一回も着ないで捨てたり
インドネシアの裾直しの面倒臭さよ!

☑インドネシアのズボンの裾直し事情

いつもお世話になっております!インドネシア駐在歴5年の@pdstnです。
今回はズボンの裾直しに関して。
メイドインインドネシアのジーンズがせっかく安く買えても裾直しが面倒

裾直しサービスとは

裾直しサービスとは、買ったズボンやスカートの裾を直す作業です。
基本的には長いまま買ってきて、身体やファッションに合わせた位置で切ることです。
人間は人それぞれ身体の寸法が違いますが、
服のメーカーが製品を個人個人に合わせてオーダーメードで作ると高価になってしまうため、
適当な寸法で大量に生産しています。
そのため各個人それぞれが寸法を直す必要があるのです。

日本では裾直しは買った店でなら無料

日本でズボンを買うと買った店で無料で裾上げが可能だったりします。
他店で買ったものは裾上げお断りの店と有料の店があります。
例えばライトオンではライトオンで買った商品なら無料で裾上げ、
他店で買った商品なら1本1080円で裾上げが可能です。
他店の商品の場合、ステッチの縫い方などが限られる可能性はあります。

インドネシアでは裾直しが服屋でやっていない

ショッピングモール等にある大手衣料品店のマタハリ、
ズボンやスカートがこれでもかと並んでいますが、
裾直しサービスはやっていません。
その他デパート、スーパー、個人店の衣料品売り場でも、
裾直しサービスはやっていません。
(個人の裾直し屋さん連合が、雇用が減るのを恐れて抵抗している?)

インドネシアでは別途裾直し屋を探す必要があります

買った店で裾上げ出来ないのですから、
せっかく買ったズボンですが、
無理してロールアップして履き続けるか、
履かずにいっそ捨ててしまうか、
別途裾直し屋を探す必要があります。

インドネシアの裾直し屋

目印はPermakかTaylor

インドネシアの裾直し屋さんは、庶民派のしょぼいモールの片隅や、
庶民的な街並みの中にあります。
目印は、Permak (またはVermak)という文字と、
Taylorという文字。

インドネシアの裾直し屋Vermakの屋号の写真

VermakだったりPermakだったりします。
インドネシア語でpermak (me動詞はmemermak)は、
服などを主に直す、ですとか修復する、という意味です。
Levi’sと書いてある場合も多いです。だいたいジーンズ以外もやっています。
はさみとミシンがありますよ、くらいの意味にとらえておくといいでしょう。
日本のジャノメミシンがあったりします。

インドネシアで未だ現役の昔のジャノメミシン

蛇の目ミシン工業は世界最大のミシンメーカーのため、
インドネシアでも有名です。


珍しくインドネシアのWebサイトでしっかりと内容のあるページを見つけたので、
載せておきます。ミシンのパターンに関してです。

インドネシアの裾直し屋さんに実際に行ってみた

看板を見落とさないように注意して車を走らす

裾直し屋の看板Taylorと書かれている
よく見るとTaylorと書かれている看板がある。
おわかりいただけただろうか。

職人たちがたくさんいて見てて飽きない

裾直し職人を横方向から撮影した画像 裾直し職人の仕事姿を正面から撮影した写真

真剣な表情がとても素敵である。
型紙を切る職人さん。服でも作るのでしょうか。
受注してオーダーメードで何か作るのでしょう。
奥で低い机で作業しているも引き込まれる魅力がある。

裾直し開始

インドネシアで裾直しをしている様子の写真

実際に裾直しをしてもらう。
メジャーで測って左右でブレないようにしている様子。
裾直しは北センチネル島を除けば世界共通の仕事であり、仕草。
洗練された無駄の無い動きが心地よい。

まとめ

インドネシアの裾直しはお店でやってくれない、と思っていいです。
そのため裾直し屋を自分で見つける必要があります。
最終手段はローカル社員やメイドさんや彼女などに頼もう。

面倒くさい裾直し、かといってロールアップし続けるか、
一度も履かずに捨てるのはもったいない。

せっかくのインドネシア生活、
裾直しさえマスターしてしまえばこちらのものでもある。
インドネシア製のジーンズなどとても安い。
日本で6000円のクオリティが2000円くらいで買える、と思う。
ただし、メイドさんに、育てたジーンズにアイロンをかけられてしまわないように、
くれぐれも注意が必要です。

今回は以上です。最後まで読んで頂き有難うございました。
ご意見、ご感想、苦情、訂正など、筆者ツイッター@pdstnまでお気軽にご連絡をお願い致します。