たまには近所のおっさん達と遊ぼう

12月 3, 2018

インドネシアのコスの近所の人々

え、そこで寝ちゃうの?
毎日何してる人たちなの?
色々ピンと来ない人たちと遊ぶ

☑インドネシアで近所の人と遊ぶ

いつもお世話になっております。インドネシア駐在歴5年の@pdstnです。
今回は近所の人たちと遊びます。
価値観の違いを受け入れる!

成り行き

アパートのセキュリティ経由ですとか、
行きつけのローカル飯屋の友達ですとか、
日本食屋の店員さんの友達ですとか、
仕事以外のインドネシア人の友達を持つことは、
日々の生活に彩を与えてくれます。
今回はそんなわけで近所のおじさん達と遊びます。

ちゃんとした会社勤めではない人

インドネシアの家の軒下で呑気に笑うおじさん達

知り合う過程にもよりますが、
インドネシア人の方と知り合ったときに、
普通に日本人駐在員がイメージする会社勤めの人、ではなく、

何でも屋を組み合わせて日銭を稼ぐ人、実は裏稼業に繋がっている人、
実家が金持ちの人、実家が農家の人、
(広い作付面積の農家パターンや、数年に一度土地を切り売りして現金を得てしのいでいる)
何もしていない人

など、いろいろなパターンの方がいます。

アフロのUcok(ウチョック)

近隣の下宿屋(コスという)の門のカギを複数預かり、門番として給料を得て、
かつ何か問題があったときの解決屋、など地元をしきる。
冗談か本気かわからないが、エジプト出身。いきなり歌を大声で歌いだす。
(いきなり歌を大声で歌いだすのはインドネシア人全員の特徴ですが)
女性専用のコスの中も管理しているため、恋愛斡旋もやっている。

小太りのYongki(ヨンキ)

ちょっと体格のいい兄さんがYongki。
これといった特徴は無いが、
写真のメンバーで出かけるときに、車を出してくれる。
気づいたらいることがほとんどのため、実は大手企業で働いている説もある。
意外と小食である。

香水売りのPak Min (パミン)

香水売りのパミンがモスクの階段で寝ているところ

香水売りのパミン。Pak Minと書いてパミンなのでミンさんということになる。
ミンと言うと中華系と思われがちだが、中華系の皇帝のような愛嬌があるために、
近所の人にパミンと呼ばれている。
写真のようにモスクの階段で行き倒れのように寝ていることが多い。
実は近くに家があるが、狭いため、なるべくモスクで寝ているとのこと。

香水売りのパミンの家まで登る階段の写真

意外にも皇帝パミンの家は狭い。肩幅ほどの階段をのぼってやっとお出ましする。
畳三畳ほどの部屋だ。ジャカルタの中心地なのでそれでも月3000円くらいの家賃を払う。
パミンには妻がいて妻も同じところに住んでいる。妻の仕事は知らないが、
パミンの仕事はコタエリアでの香水売りだ。

遊んでいく

サッカー観戦

小さいブラウン管のテレビでサッカーを視聴している様子

インドネシアの方々はサッカーが大好きです。
ワールドカップ、その他国際試合、欧州サッカーリーグから、
インドネシアの国内リーグスーパーリーグまで。

そのため、
インドネシアの方々と遊ぶ際にサッカー観戦というのが、
選択肢として上がるでしょう。

写真は2014年のワールドカップのときの様子。食い入るようにブラウン管テレビを見つめる。
たまにアンテナを叩いて映像のブレを直す。

食事に誘う

インドネシアのローカル屋台で近所のおじさん達と食事をする様子

食事に誘うのは基本。
ローカル屋台を教えてもらうかわりに、
全員分おごる、のがウィンウィンになる。
食事の時が一番コミュニケーションが弾む。
インドネシア人のイスラム教の方でもお酒を飲む方はいますが、
お酒でコミュニケーション取るより、普通の食事で、
素面の時の方がその人のありのままを知れる感があります。

カラオケに誘う

インドネシアのファミリーカラオケに近所のおじさん達と行ったときの写真

ファミリーカラオケに誘うのもおすすめだ。
まず道中でコミュニケーションが取れる。
基本的に割り勘でも多めに出したり、全部出してあげるパターンが多い。
ファミリーカラオケならいかがわしいこともなくすがすがしい。
おじさん達の風情が露骨に出る。
選曲にも時代を感じることが出来る。

溜まり場に行く

インドネシア人の近所のおじさんの溜まり場に潜入したときの写真

近所には大体写真のように、屋根があって壁は無いが、
テレビやソファーがある、といった溜まり場がある。
おじさん達から情報収集するには格好の場所だ。
仲良くなると自然に連れていかれる。
ウイスキーやワインが出てくることもある。
低級な密造酒でないか飲む前に必ず探りを入れて、
口に合わなかったらすぐに飲むのをやめること。
日本の意地、と飲み干すことはやめておきましょう。

まとめ

仕事以外の関係でインドネシア人の方とコミュニケーションを取ることで、
日々の生活に彩を加えることが出来ます。
注意点は深入りしない、かつ、偉そうな感じで入っていかないこと。
悪い方たちではないはずですが、金銭的に格差があることは事実。
お金の貸し借り、うまい投資の話や女性の斡旋などには気を付けましょう。
今回のところは以上です。