本を自分で輸入か!?インドネシアで日本の活字に触れよう

12月 3, 2018

日本語のひらがなカタカナ漢字を表す画像

本、雑誌、マンガ、メルマガ、RSSリーダーなど、
日本語に触れる機会が少なくなってきた人が、
日本語への触れ方を再認識できるまとめです。

☑インドネシアで日本の活字に触れよう

いつもお世話になっております。インドネシア駐在歴5年の@pdstnです。
今日はインドネシアで日本の活字に触れる方法です。
別に真新しいことはありませんが、「ああ、そういえばその方法あったな」ぐらいに、
再認識するためのまとめです。

 

まずはオーソドックスに本。本は活字を読むに一番もってこいです。
インドネシアで本を読むには下記の通り。

ネット通販で日本から

日本のアマゾンから海外配送を選択して、
インドネシアの希望の住所に送ることが出来ます。
アマゾングローバル配送というサービスで、
方法はいつもの日本のアマゾンでカートに入れたあと、
配送先をインドネシア共和国に変更するだけです。

代理配送のように別業者への委託不要。
送料もアマゾン側の仕切りのため、そこまで高額ではありません。
また、関税も事前に税率見込みよりアマゾン側に先払いするため、
思わぬ高額関税が!という事態も少ないです。
3日~7日程で問題無く届きます。

いつもの日本のアマゾンの検索窓で右のジャンプ先のように、検索結果:amazon global対象 と入力で、
対象製品を一覧することが出来ます。(青文字クリックでamazonに飛びます)

 

紀伊国屋書店に行く

インドネシアにも紀伊国屋書店があります。
値段は高め、おおよそ日本の定価の二倍します。
高いですが、どうしても紙の本でないとダメだったり、
電子書籍版が出ていないものを読みたいとき、
行ってみて探してみてはいかがでしょう。

雑誌小説文庫本、ハードカバー、雑誌まで手に入ります。
雑誌は古い物がセールで売っていたりするため定期的に要チェックです。

そしてなによりインドネシアの紀伊国屋書店の売りは、
インドネシア関連本の品ぞろえです。
ソフトなマンガや会話集から、インドネシア文化考察の専門本まで、
ここまでインドネシアに関して何でも揃うのは、
日本でもそうはないと思います。
来店者層が100%インドネシアに関係がある人、てなわけで必然だとは思いますが。

紀伊国屋は2018年11月現在、インドネシアに3店あります。
プラザスナヤン、ポンドックインダーモール、グランドインドネシアです。
在庫数ではプラザスナヤンが一番多いです。
参考に地図を貼ります。(モール内もグーグルマップで見られるのご存知でしたでしょうか)

電子書籍

色々な電子書籍リーダーや電子書籍サイトがありますが、
2018年11月27日現在、ほぼほぼアマゾン一択だと思います。
電子書籍フォーマットでいうとKINDLEです。

インドネシアは雨季の豪雨の際など普通に車の座席ポケットまで水が来ます。
(時に洪水の時は、マフラーくらいまでは水が来ます)
必ず防水のKindleを選択お願い致します。
Kindleは接着剤が強い為、現地業者が修理を拒んだり、
無理強いすると修理後隙間があるような惨劇が起こります。

必ず防水タイプを選びましょう。
それか安いタイプを買い替え買い替えでごまかしごまかし使いましょう。

Kindleがおすすめなのはあくまでアマゾンありきです。
①アマゾンの年間有料会員(アマゾンプライム)になるとKindleが安く買える。(年間の会費はすぐに相殺で浮くことになる)
②一時帰国時にプライム会員ならお急ぎ便(無料)で指定宅配先に配送可能。例えば会社、ホテル、ホテル最寄りのコンビニなど。
③アマゾンプライムにはKindle Prime Readingというサービスがセットでついてくるため、月額無料で対象本が読み放題。
④さらに追加で月額980円で好きなだけ対象本(20万冊以上)が読み放題できる。

インドネシア駐在においてこんなに合理的な買い物は無いと思います。
異論がある方、本当に心から論破お願い致します。

①アマゾンプライム会員になる
②アマゾンプライム会員のためKindleが数千円安い(端末分はすぐに実質タダ)
③アマゾンプライム会員のためKindle Prime Readingで毎月本をただ読み。
④アマゾンプライム会員のため、日本へ一時帰国の際に、ピンポイントで買ったものを受け取れる。

筆者は赴任時にKindle Paper Whiteを買ってきましたが、
一次帰国の際に最上位モデル Kindle Oasisを買いました。
インドネシアの渋滞時に電子書籍リーダーは必須です。
少し値段が張りますが、インドネシアは一日に4時間近く渋滞しますので、
予算を割いていいもの、と判断しました。

アマゾンギフト券をインドネシアのデビットカードで買う方法

インドネシアに滞在中は、
アマゾンKindleの電子書籍購入を大量にすると思います。
筆者の場合、Kindle本のセール情報は眺めているととても楽しく、
読み終わっていないのに次のを買ってしまいます。
セールで電子書籍本を買う→ポイントを得る⇒そのポイントで買ってしまう。

インドネシア駐在赴任して一二年のころは、
帰国時にコンビニでアマゾンギフトカードを大量買いしていました。
おそらく皆さまの同僚や先輩方に同じような方いると思います。

最近はインターネット経由でアマゾンポイントが割安で買えるようになったので、
そちらを利用しています。おおよそ10%くらい安く買えます。
インドネシアのクレジットカードでも買えます。
ちなみに本家アマゾンですとインドネシアのマンディリクレジットカードははじかれますので注意です。

帰国時に爆買い予定の方、インドネシアの現地給料をぶっこみたい方などは、
インターネット上の金券ショップで安くアマゾンギフトなどを買うといいでしょう。
理論上、アマゾンの商品全部が1割引きで買えることになります。
使わない理由を探す方が難しい・・・