かゆいところに手が届く インドネシア語基本会話 第1回

インドネシアの国旗がたなびいている様子

おまかせします、ちょっと考えさせてください、
それは普通じゃないよ!考えられない!
しょうがないね。等
簡単な表現だけれども単語帳では学べないインドネシア語講座

☑かゆいところに手が届くインドネシア基本会話

いつもお世話になっております!インドネシア駐在歴5年の@pdstnです。
ここではインドネシア語を本で勉強しているだけではなかなか学びづらい、
しかし使えると非常に助かるそんなインドネシア語会話を特集します。

出社時

Saya tadi kesiangan jadi telat masuk

さっき(今日の朝)私は寝坊して(仕事に)入るのが遅れました。

Tadiは先ほどです。出社時ですので今日の朝という意味になります。
Kesiangan は寝坊するです。
ke-anで被害を表します。他によく使うのが、kemacetan 渋滞にはまる、kepanasan 暑すぎる、kepedasan 辛すぎる
telatは遅れるです。口語では動詞の語根を直後に伴い、~し遅れる。
telat datang 来遅れる、telat ngomong 伝え遅れる、telat makan 食事し遅れる

Nanti ada appointment jam 10 di sana, jam berapa berangkat, sopirnya sudah siapkah?

後で10時に向こうでアポがあるよ、何時に出発するか、運転手は用意できてる?

Nanti は後でです。明日だろうが一週間後だろうが一年後だろうがnantiです。
jam 10 di sana 十時に向こう。時間を指定するときにインドネシア人は出発時間と混同しがちです。
di sanaと付け加えることで、向こうに十時という意味に出来てより安心です。

Oh kemarin tidak bisa selesai ya… ada apa? Harusnya selesai kemarin.

おー昨日終わらせることが出来なかったんだ・・何があった? 本来は昨日終わりでしょ

Harusnya 本来は、です。英語で言う義務的なmustと必然的なbe supposed toの意味の両方使えます。
Harusnya saya sudah pulang ke rumah  と言えば「本当であれば私は既に家に帰れてたはず」等。

setelah selesai project A, baru bisa kerjain project B

プロジェクトAが終わったあと、はじめてプロジェクトBに取り掛かることが出来る。

Setelah ~ baru bisa ・・・=~が終わってはじめて・・・が出来る。
センター試験インドネシア語があれば構文として出てきそうです。
簡単な単語の組み合わせですし、言われてみれば意味がわかるのですが、
単語帳だけからこういう口語表現を学ぶのは難しいです。

kerjain はとりかかる です。語幹+inで語幹の状態にする、という文法があります。
pendekが短いでpendekinは短くする。これは床屋ですぐにでも使えますね。
atasnya panjang, sampingnya pendekin. 上は長く、横は短く。見事にサイドだけバリカンで短くされます(笑)

-inは-kanとたぶん同じです。masuk 入る masukin 入れる masukkan も入れるです。
kanの方は目的語が直後に来る必要があります。
silakan masukan kartu anda はどうぞあなたのカードを入れてください、ですね。
これがフランクな会話だと masukin aja kartu kamu みたいになるわけです。

keluarin だと出すになりますね。jangan lupa keluarin mobil で「車を出すのを忘れないでね」になります。
pegangin だと「握ってね」になります。
masakin だと「料理してね」になります。

昼ごはん時

Makan siang enaknya makan dimana ya?

enaknya は英語で言うとbetterやpreferedです。日本語だと「良い塩梅なのは」でしょうか。
enakですがおいしいという意味ではありません。

Terserah kamu aja. Aku traktir. Masih tanggal muda.

Terserahは英語で言うup toです。勝手にして、適当に、~次第 などの意味がありますね。
Terserah!だけ叫ぶと勝手にして!という意味になります。口調によってはぞんざいに思われるかもしれないので注意です。

Traktirはおごるです。初心者のうちは「Saya bayar」を多用しがちですが、
traktirをつかえばおごる、ごちそうするが表現できます。

tanggal muda は月のうち給料日直後より。
tanggal tuaは月のうち給料日直前。
Saya tidak bisa traktir maaf ya karena tanggal tua.
(おごれなくてごめんなさい、給料日前だから)など応用が効きますね。

Dompet saya ketinggalan. Kayaknya ada di laci meja saya.

私財布を忘れました。どうやら私の机の引き出しにありそう。

Ketinggalan は置き忘れるです。tinggalは住むだけでなく、残る、という意味があります。
tinggal masalah A sajaといえば「残すはAの問題のみ」と表現できます。
ketinggalan は被害のke-anで残された、置き去りにされたという意味合いになるわけです。
Saya ketinggalan pesawat という文章では「私は飛行機に乗り遅れた=私は飛行機に置き去りにされた」ですね。

Kalau begitu, apa boleh buat, aku bayarin

もしそうならば、しょうがない、私が払います。

kalau begitu「もしそうならば」。これは汎用性がとても高いです。
apa boleh buat しょうがないです。これも汎用性がとても高い。

帰社時

Sudah beres kerja kah? Kalau ada masalah bilang aja ya.

仕事は片付きましたか?もし問題があれば言ってくださいね。

beresは整理されている、整っているという意味で、片付けると整いますので、
仕事が片付くにも使います。beres rumah と言えば家を片付けるですね。

kalau ada はもし~があればです。汎用性がありますね。
bilang aja も言っちゃえ言っちゃえ的な感じですね。bicaraだけでなく、bilangやomongなど、
話すときに使う単語は手広く学びましょう。berkataは文語的ですので口語であまり使いません。

Lewat jalan biasa saja, soalnya jalan tol macet sekali.

下道通ってください。なんてったって高速道路は半端ない渋滞ですから。

Lewatは通るです。
Lewat Fly-Over (高架を通る)
Lewat terowongan (トンネルを通る)
Lewat gang kecil (小さい小道を通る)
Lewat jalan samping kalimalang (カリマラン沿いの道を通る)

Soalnyaは問題は、なぜなら、なんてったってです。

Tolong putar balik ke kantor, karena ada yang ketinggalan.

会社へ引き返してください。何か忘れ物があります。

putar balik はUターンのことです。
Nanti di depan putar balik と言えば「あとで先んところでユーターンですよ」になりますね。
ketinggalanは先ほど学びましたね。また財布でも忘れたのでしょうか。引き出しに。

ナイトライフ

masukin, pegangin, keluarin

masukinは入れて
peganginは握って
keluarinは出して ですね。先ほど既に学びましたね。

Luar biasa!

それは普通じゃない!!

Aku pikir dulu ya

ちょっと考えさせて

tidak usah panggil grab ya. Aku antarin kamu.

グラブを呼ぶ必要ないぜ。おれが送るよ。

kapan-kapan ketemu lagi ya.

いつかまた会おうぜや

まとめ

第二回も気が向いたら書きます。
文法の専門家ではないので文法に関しての説明は、
感覚的に理解するにとどめてください。

全ての文章をインドネシア人の妻にチェック貰っています。
分の繋ぎはあえてシンプルにしているので、
ザ外国人が使うインドネシア語と妻にののしられましたが、無視してます。