往年の名機から最新機種まで!敢えてインドネシアでゲーム機を買う

インドネシアで買ったスーパーファミコンSNESの画像

インドネシアでやることが無い!
金がなんだかんだいって余る!
帰任前に使い切りたい、嫁が帯同になる前に金を使いたい!
ゲームだ!ゲーム機を買うぞ!

☑インドネシアでゲーム機を買おう

いつもお世話になっております!インドネシア駐在歴5年の@pdstnです。
お金が余りがちなインドネシアでの生活。
ゲーム機を購入してハリのあるものにしてみてください。

ゲーム機を買うという事

ゲーム機がある生活

インドネシアで生活していると正直言ってお金が余ります。
筆者の場合、そのお金で不動産投資をしたり、長小規模飲食店を親戚に仕切らせたりして、
色々お金が使い切れるように努力して来ましたが、
ここに来て数々の投資が花を開いてしまい、お金が余ってしまう生活になってしまいました。

お金が余ったときに、皆さんは何に使いますでしょうか。
旅行にオシャレに高級ディナーでしょうか。
正解はゲーム機です。インドネシア駐在者に必要なものはゲーム機なんです。
何を買っても所詮5jutaくらいに収まります。
最後帰任時に持ち帰ればいいのです。
オンライン通販ならすぐに購入が可能です。

家にゲーム機があればいざという時、
何もすることがないときにちょっとした暇つぶしになります。
また、所有欲を満たすためにコレクター的に買い集めてもいいでしょう。
インドネシアでは特に偽物ゲーム機方向に強みがあります。
日本には絶対にない、それでだませんのかよレベルの偽物ゲーム機が豊富に存在します。
インドネシア駐在生活半年くらい経って、
慣れてきて且つ、ゴルフゴルフとばかり言ってられないな、なんて時にゲーム機が微笑みかけてくるのです。

日本のゲーム機が海外で愛されていることを肌で感じよう

ちょっとモールに行くとスーパーマリオの格好をした人がいたり、
インドネシアで暮らしていると日本のゲーム機やゲームソフトが、
海外でいかに愛されているかを実感することが多いです。
日本の優れた産業であるゲーム産業。
日本の誇りをもってインドネシア駐在をするためにも、
ゲームへのリスペクトの心を持って日々の生活をお願い致します。

ゲーム機の流通は意外と多い

インドネシアでゲーム機の流通は意外と多い。
特にソニーのプレイステーション2とプレイステーション3。
理由は個人の副業でネットカフェのようなものを開いている人が多く、
ついでにテレビとプレステ2やプレステ3を用意して子供から金をとっているからだ。
ちびっこ相手にちょこちょこと小銭を回収していく手法。
プレイ代金は1時間5000ルピア(40円ほど)に抑えて、
ついでに売れるお菓子やコピ(インドネシアのコーヒー)で儲ける。
子供たちがプレイするのはもっぱらウイニングイレブンかFIFAのサッカーゲーム。
ウイニングイレブンはインドネシアではPES(ペス)と呼ばれる。
Pro Evolution Soccerの略だ。

インドネシアの駄菓子屋で子供たちがプレイステーション2を楽しんでいる様子

ついでにこぼれ話

ファミコン芸人フジタ

ファミコン芸人フジタをご存知でしょうか。
2013年にプチブレイクしてそこからあまり音沙汰がない芸人ですが、
ファミコンにとても詳しく、20000本のゲームソフトを保有。
同じゲームソフトを数本保有していることはザラ。

フジタのギャグは「フ〜ジタ、でぇっす。」、「マッハフジフジが速すぎてゆっくり見えてるよー」等。
フジタの口癖は「危ねっ!あっぶね〜。、、、危なくはないんだけど」
「やっべ!今のヤバイ。、、、(まぁ、)ヤバくはないんだけど」等です。

インドネシアでレトロなゲームソフトを偶然発掘したら、
必ず購入し、フジタ先生に届けてほしい。
ちなみに筆者が好きなマンガ家のピョコタン先生はファミコン芸人フジタを絶賛しています。

ミャンマーの路上のファミコンソフト

レトロなゲームソフトの発掘に関してとてもタメになる記事がある。
ミャンマーの露店で売っていたファミコンソフトを買って、
日本に持ち帰って、セーブデータを確認して、
当時の持ち主までたどり着く感動話。

仮にインドネシアの露店でレトロソフトが売られていたら、
必ず買って帰ってセーブデータの確認をお願いしたい。
当時の持ち主はかつてインドネシア駐在員で家族帯同で来ていた小中学生かもしれない。
今大人になって駐在員になってインドネシアに戻ってきているかもしれない。

オンライン通販でのゲーム機の価格の相場

PS1

PS1はソフトが数本ついて1juta

インドネシアで売られているプレイステーションの画像

インドネシアでわざわざ初代プレイステーションを買おうとするとやや割高。
次に紹介するPS2かPS3をオススメします。
日本でプレイステーションクラシックを買ってくるのも良いでしょう。


プレイステーション クラシック
プレイステーションクラシックですが、アマゾンで未だ正規の値段で買えるようです。
年末年始の一時帰国時の買い出しにまだ間に合うと思います。

 

PS2

改造済みPS2とHDMI変換アダプタで1juta

インドネシアで売っている改造PS2の外観画像

PS2の映像出力をHDMIに変換するアダプタの画像

インドネシアでプレイステーション2を買う場合、
新品はそろそろなくなってきているので、中古をオンラインで買う事になる。
もっと言うと中古品かつおおよそ改造品を買うことになる。

TOKOPEDIA等でPS2で検索してみよう。
ずらりとヒットする。評価数で多いものを選ぼう。
おおよそ二個のコントローラー付き、
改造が施してあって外部HDDからソフトを読み込める状態にしてあって、
数十GBのソフトデータが入ったHDDも付いて、
おおよそ700000ルピアで購入が可能です。

入っているソフトはウイイレやグランドセフトオート等、世界的に人気があるソフト。
言語が英語なのと、日本人だけに好まれるようなソフトは入っていないのが難点。
あとは著作権にひっかかっているアウトな品なので、実際の購入は推奨しません。
映像出力をHDMIに変換するアダプタが100000ルピア程度で買えますのでついでに買いましょう。

ちなみにプレイステーション2のソフトは地域ごとにリージョンコードがあり、
インドネシアで買ったPS2で、日本で買ったPS2ソフトは動かない。
その点は注意をお願いしたい。パソコン経由でISOデータを抽出すれば問題無く動く。

PS3

改造済みPS3は1.8juta

インドネシアで売られているプレイステーション3の画像

インドネシアでプレイステーション3を買う場合、
新品と中古品(改造モノ)を買うかの二択になる。
改造モノは著作権的にアウトなので購入は自粛してほしいが紹介します。

おおよそ二台のコントローラー、
改造された本体(COBRA ODEなどの基盤改造が施してある)
500GBのゲームデータが入った外付けHDDがついて、
15000円から20000円程度。
ルピアにして1.8jutaから2.5juta程度です。

プレイステーション2ではリージョンコードによる規制がありますが、
プレイステーション3にはリージョンコードが無いので、
日本で買ったPS3のソフトも、インドネシアで買った本体でプレイすることが可能です。

ただし、オンラインプレイは出来ません。
インターネットに繋げた時点で、即効でプレイステーションオンラインから締め出しをくらい、
本体自体が二度とプレイできないようにロックがかかってしまいます。
もう一度ファームウェア書き換えなどの改造が必要になりますのでご注意ください。

筆者のおすすめはPS3です。
日本に一時帰国したときに、オンラインで中古のPS3ソフトを買いあさります。
PS4の時代ではありますが、まだまだPS3で戦い続けることが出来ると思います。

PS4

PS4は純正の新品で4juta

プレイステーション4はまだあまり中古も出回っていないため、
新品をメインに探すことになりますが、インドネシアでの購入価格がとても高いです。
新品の時点でPPnBM (奢侈品販売税)をモロにウケるためです。
日本で購入して輸入することをお勧めします。
インドネシアで2018年12月時点で4juta (日本円で30000円程度)
日本では同じ値段でソフトが2本余計に買うことが出来る価格差です。


PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2200AB01) お好きなダウンロードソフト2本セット(配信)
アマゾンで年末年始キャンペーン実施中です。
年末年始の一時帰国時の買い出しに未だ間に合います。

ゲームボーイ系

ゲームボーイ系はほぼプレミアム価格のためお勧めしません。

ゲームボーイ系はインドネシアではもはやプレミアがついています。
そのため、インドネシアで買うことはお勧めしません。
探しまくれば日本のプレ値より安い掘り出し物も探せるかもしれません。
標準品は日本のハードオフで数百円のものが、こちらでは数千円しますので論外となります。

ゲームボーイ、ゲームボーイライト、ゲームボーイアドバンス、
ゲームボーイポケット等、一通り調査しましたが、
数少ない掘り出し物を除くととてつもなく高いです。
インドネシア人は転売意欲がとても高い国民性を持つため、
そう簡単に転売で儲けさせてはくれません。

あえて偽物を買ってみるのはどうでしょう

インドネシアで売っているゲームボーイの偽物の写真

インドネシアでは偽物のゲーム機がとんでもなく流通しています。
場末のショッピングモールでは買う勇気が無い人でも大丈夫。
インターネット通販サイトTOKOPEDIA等で、
ゲーム機の名前で検索しますと、腐るほどヒットします。
子供に買い与えて反応を見るのもよいでしょう。

NINTENDO SWITCH

ニンテンドースイッチは新品が5.8juta 中古は4.3juta

インドネシアで買うことが出来るゲーム機本体ニンテンドースイッチの写真

さすがに信頼の出来る新品は日本で買うより1juta高いイメージです。
ただ、中古品がそこまで高くありません。
中古で4.3juta。発売時期がまだ浅いことを考慮しますと美品と思われますが、
日本での新品価格が32000円ですので買いだと思われます。

Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) 【Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド】

年末年始の一時帰国時にお子さん向けで日本で買ってくるのもよいでしょう。
ニンテンドースイッチはニンテンドーラボといって工作キットも出しています。
インドネシアの通販でも買えます。
インドネシア駐在時は子供との接触時間が減りがちですので、
ニンテンドーラボを買って子供と時間を過ごしてください。

Nintendo Labo (ニンテンドー ラボ) Toy-Con 02: Robot Kit 【Amazon.co.jp限定】オリジナルマスキングテープ+専用おまけパーツセット – Switch
ちなみにこのロボットキットはトコペディアで1juta程度で買えますので、
価格ではインドネシアでも日本でもあまり変わらないようです

ゲーミングPC

人件費の分安いかというとそうでもない

お子さんがマインクラフトやPUBG、荒野行動などのオンラインゲームを、
やりたいよやりたいよとゲームPCの購入をせがまれているインドネシア駐在員の方も多いでしょう
インドネシアでゲーミングPCを買うと安いようで高いです。
ただ構成によっては高いようで安いです。

第一線級のグラフィックボードを搭載すると日本より高い。
ケース、冷却まわり、電源、が日本より高い。
この辺り後ほど別記事でまとめようと思います。

まとめ

インドネシアでゲーム機を買うときは、
ひとまずTOKOPEDIA辺りで検索してみましょう。
クレジットカードを使わなくても、
現地給料用のデビットカードで買い物が出来ます。
受け取りは会社に設定することも出来ます。